読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならA-300

自分のためだけの日記

くそ

4月から通院していて、今日診断書が出たから、明日からしばらくお休みさせてください。と会社に連絡したら、「診断書ももらいたいし、状況を詳しく聞かないと分からないから、会社に出てきてくれないと困る。」と言われた。

話をしたところであなた方は理解できないだろうが。

診断書が出てるってだけで十分じゃないのか。

今更何の話し合いをするつもりなんだ。

 

死にたい。

月曜日会社に行かなきゃならない。

死にたい。

死んで思い知らせてやりたい。

でもたぶん、死んでも何も理解できないだろうな。

そういう人種だ。あの人たちは。

 

死にたい。

辛い。

安堵

病院に行ってきた。
海に入ろうとしたこと、限界だということを伝えて、診断書をくださいと言った。
とりあえず1ヵ月休養加療が必要という診断書を頂いた。
「とりあえず今は何も考えず休んでくださいね。先のこと考えるのはもうちょっと後にして。」と言ってくださった。

帰宅して、傷痕のある自分の膝を見て、『もうこんなことしなくてもいいんだ……』と思った。
明日から会社に行かなくていい。
行かなくていいんだ……。
行かなくて……いいんだ……。

とりあえずは、頑張るとか頑張らないとか、甘えだとかダメ人間だとか、お金のこととか今後の生活や職のこととか、そういうの全部考えないで、そうだ、生きたいように生きよう。
それでいいんだ。

やっと、やっと好きに生きられる。
やっと私が私のために私の生活を送れるんだ。

解き放された安堵感から、涙が出てきた。



スターやコメントくださった皆様、いつも本当にありがとうございます。
ひとまずは休むことができそうです。
これは、終わりと始まりの間でしかなく、休んで普通の生活が送れるようになったら、そこからまたスタートを切るわけですが、とりあえずは安心です。
いい報告ができ、私自身嬉しいです。

限界

昨日のカウンセリングでなんとか気を持ち直し、今週あと2日ならなんとか会社に行けそう、と思ったけど、やっぱりもう限界みたいで、行けそうにない。

トイレで30分くらい思い詰めてしまった。

今日病院に行こう。

もう限界。

これ以上無理できそうにない。

甘えかもしれない。

けど自分を守ってやるには、もう、逃げるしかない。

本当はちゃんと退職日まで会社に行って、新人教育や引き継ぎをしっかりやって、義務や責任を全うしたい。

けど、もう、それができる状態じゃない。

限界だ。

もう、無理。

 

 

 

10:54

病院に行くため電車を待ってる。

涙が出てくる。

憎しみ

だめだ、会社や会社の人らに対しての憎しみが込み上げてくる。怒りを自分にぶつけたくなる。

憎い憎い憎い。みんな憎い。みんなみんな憎い。

悔しい。悔しい。憎い。憎い。

 

土曜日までなんとか耐えないと。なんとか。

 

辛い。

カウンセリングで辛い気持ちを吐き出して、どうすればいいのか相談して、なんとか気持ちを持ち直した。

私は私が思ってるよりも我慢強く、今まで割と頑張っていたみたい。

そんな自分を認めてあげよう。

自分のことをもうちょっと信じてあげよう。

あと、仕事はもう、無理しないようにしよう。

と思った。

 

そう言えば診断書の効力って強いんだと知った。

診断書で休養が必要って書かれた場合、会社はそれを拒否できないらしい。

安全…なんとかっていう制度?法律?があるから。

だから、今度の土曜に病院に行ったら、診断書をくださいって言おう。

もう、これ以上頑張れない。

私は十分頑張った。

早退

昨日の憂鬱感を引きずっていて、会社にいるのが辛くて、早退させてもらった。

土曜日の予定だったカウンセリングを今日に変更してもらった。

あと母に手紙を書いて出した。退職することと、うつのこと。

助けてほしい、守ってほしい、もう疲れた。

 

 

会社の人から「健康に留意してください」と言われたけど、精神面の健康はどうやって留意すればいいんですか?

自分でコントロールできないものをどうやって?

苦しい気持ちに追い打ちをかけられた。

どうせうつ病に理解なんかないんだろうな。

私の苦手な女上司も態度がそっけなかったように思う。

会社にうつのこと話すのが余計に怖くなった。

怖い怖い怖い。理解が得られなかったときそれを受け止めるだけの余力が無い。怖い。また死にたくなっちゃう。

 

もうなんなんだろう、私の人生は何でこんな風になっちゃったんだろう、どうしたらいいんだろう、会社行きたくないけど行かなきゃならないけど行くのがしんどくて心が苦しくなるばかりで辛くて疲れた。疲れた。

昨日海に行って、市販の睡眠導入剤を飲んで、膝くらいまで海に入った。

なんて馬鹿げたことをしていたんだろう。

我に返ってからすごく恥ずかしくなった。

 

もう、何なんだろう。

わけが分からないや。